赤ニキビ治療ニキビ跡赤み色素沈着改善に有効なビタミンE誘導体高濃度配合化粧水☆

PR何をやっても消えなかったニキビ跡・色素沈着・クレーターにサイエンスコスメ!



赤ニキビ・ニキビ跡赤み色素沈着はファンデーションでも最も隠すのが困難で、印象を左右赤ニキビする顔に出来易い割には一度出来れば治療するまでに時間が掛かり、厄介なニキビの代表ともいえます。

 

リプロスキンを始め、ビーグレンやケシミンなどのビタミンC誘導体、あるいはハイドロキノンなどの美白化粧品でも赤ニキビ、ニキビ跡の赤み解消は難しいといえます。

 

この赤み(赤ニキビ・ニキビ跡の赤み色素沈着)を改善するにはビタミンE誘導体の継続的な塗布が最も有効ですが、ビタミンE誘導体は脂溶性の成分で化粧品にするコストが掛かり、市販のスキンケアには配合されていることは極めて稀です!

 

唯一お勧めできるビタミンE誘導体とビタミンC誘導体高濃度配合化粧水はありますが、高価なためお試し期間を利用するようにしてください⇒赤ニキビ・ニキビ跡赤みを2ヶ月で解消する化粧水

 

≪何故ビタミンE誘導体の継続的な塗布が赤ニキビ・赤み色素沈着解消に役立つのか!≫

それには赤ニキビとニキビ跡赤みが長期間消えない理由をご説明します!

ニキビが出来るのは毛穴の中でアクネ桿菌が繁殖することが原因であることはご存知と思いますが、このアクネ菌がさらにコプロピルフィリンという物質を分泌します。

このコプロピルフィリンが紫外線に触れると強力な活性酸素を発生し、そこに触れる皮脂を過酸化脂質という毒性の高い物質に変えてしまいます。

 

この過酸化脂質は毛穴にあると鬱血・炎症の最大の原因になり赤みが長期間消えない状態を作り出すことになります。

 

この過程で皮膚のビタミンEは消費されるのですが、ビタミンE誘導体を塗布して常にビタミンEレベルが高い状態を維持できれば、過酸化脂質は作られないことが確認されています。

 

つまり、ビタミンE誘導体で常にビタミンEレベルを高く維持し、ビタミンC誘導体でお肌のターンオーバーを促進すれば、今ある赤みはそれと共に消えていくということです。

 

これには少々根気が要りますが、治るかどうか分からない怪しげなスキンケアを継続するよりも完治する確立は高くなります。

@毎日の習慣がしつこいニキビ跡を消してくれます!

ニキビ跡は慢性化してしまうと何をやっても消えないのではないか?と不安になる肌トラブルの代表です!しかし人間の肌は正常で28日間に一回肌が再生され生まれ変わるようになっています。(ターンオーバー)

この肌再生サイクルは年齢と共に周期が乱れてきますが、ニキビ跡で炎症が慢性化していたり、過酸化脂質が作られやすい肌質の方や、はるか以前に掻きむしったり、間違ったケアをしたことでコラーゲンの塊が生成されてしまっている場合(瘢痕組織化)など、それなりに消えにくいニキビ跡には理由があるわけです。

これらの習慣的な肌質を日々の洗顔に始まるスキンケアで改善し、不足しがちな成分を最新テクノロジーに基づく浸透力と保持力を使ったケアができれば見違えるほど改善されていきます。

何度も書きますが、人間の肌は全細胞と同じで常に新しい細胞へと生まれ変わるようにできていますが、肌の土台から悪循環の習慣が根付いている場合は何年かかってもニキビ跡は消えないようになっています。

土台からケアする、新ニキビ跡ケアがお勧めです。ビタミンE誘導体配合化粧水は高価なものが多いですが、洗顔から肌全体を見直すことで比較的安く肌の土台から改善することもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です