ニキビ跡なぜなるの?~瘢痕組織と色素沈着とは

ニキビ跡が出来る理由は真皮の修復機能にあります。

従って比較的ダメージが大きい炎症性のニキビがニキビ跡になりやすいニキビといえます!

 

ニキビが出来る過程は毛穴の異常により、普段はおとなしい常駐菌であるアクネ桿菌が毛穴の中で感染症を起こします、そのアクネ菌をやっつけるために皮膚の免疫細胞がアクネ菌と戦います。

 

この過程で細胞の死骸、つまり膿が出来てしまうわけです。

この膿が出来たからといって必ずニキビ跡になるとは限りませんが、この膿のダメージを真皮が感知することでそれを修復しようとする瘢痕組織(主にコラーゲン)を形成します。

 

この瘢痕組織の形成される過程でクレーターや凹凸といった種類のニキビ跡になるわけです。

まとめると

にきびが出来る⇒炎症のダメージを真皮が感知⇒修復機能で瘢痕組織形成

これはダメージを修復する為の皮膚に備わった機能で、手術痕や切り傷あとにも瘢痕組織は形成されます。

 

炎症を起こしても体調や肌の性質などによりニキビ跡が出来ない場合もありますが、一度この瘢痕組織が出来てしまうとコラーゲンが異常発生して凝り固まりますので、修復は時間が掛かるか困難になります。

この瘢痕組織と同時に鬱血やメラニン色素が同時に起こると、長期間消えない色素沈着にもなります。

 

最新医療レーザーではレーザーの種類で瘢痕組織を破壊し綺麗な肌に戻す治療や、凹凸の光の乱反射を調節し、目立たなくするという治療方法がありますが、通常は併用する事でニキビ跡を改善していきます。

 

瘢痕組織は皮膚で精製される成分の吸収が難しく、通常一定周期で生まれ変わる肌(ターンオーバー)が起こりにくく、極端に長い間消えてくれません。

 

この瘢痕組織に如何に成分を吸収させてターンオーバーを促進させるかがニキビ跡早期改善の鍵になりますが、通常の化粧水や乳液では浸透しません。

最近では、このニキビ跡の(瘢痕組織?)に美容成分を浸透させることでニキビ跡解消を極端に早める化粧水があります。

返金保証もありますので試してみる価値はありそうです⇒新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>