洗顔をしっかりしてもニキビが治らない・減らない場合の原因と対処!

以前の私もそうでした、、、、

ニキビを減らすには一に洗顔二に洗顔!と思い込んでいました。

特に泡立ちが良くて洗浄力が優れている洗顔を朝晩だけでなく小まめに続ければニキビは減らせる・治せると思っていました。

しかし、当時は洗顔料やニキビ専用の石鹸を沢山試しましたが、その洗顔だけでニキビが減らせたということは残念ながらありませんでした。

特に遡ること思春期の毎日のように出来るニキビは増える一方だったのを覚えています。

最近になってその原因を知りました、それは通常の洗顔料や石鹸には泡立ちを良くするのと同時に洗浄力を高める為に界面活性剤が含まれているということです。

そもそもニキビの原因は毛穴を塞いでしまう毛穴出口の異常角化だけが原因と思っていましたが、毛穴の出口は正常でも毛穴から分泌される皮脂が過剰に分泌されることでその皮脂がアクネ菌に感染しそれと免疫物質が争うことで化膿してしまいます。

つまり、界面活性剤により汚れだけでなく、必要な脂分まで洗い流していたことで、それを補う為に皮脂が過剰分泌されていたわけです。

洗顔をすればするほど思春期の私にはニキビが発生しやすい環境をお肌に与えていたことになります。

ではどうすれば改善できるか?!

洗顔をしないわけにはいきません。

そこで、皮脂分泌が活発な思春期には界面活性剤が含まれず汚れだけをキチンと落とす洗顔料がお勧めです。

特に有名な界面活性剤が含まれないニキビケア洗顔にビーグレンのクレイ洗顔があります。

お試しトライアルセットもありますので洗顔してもニキビが減らない方は一度お試しください。



思いがけず毎日の洗顔がニキビをつくる原因だったということも充分に考えられる為、洗顔料選びには特に注意が必要です。

皮脂が過剰分泌されてしまう原因は個人個人の体質や体調にも寄りますので、決め付けるのは危険ですが、界面活性剤により肌の脂分をとりすぎる事でニキビが出来やすい環境が出来るということは知っておいて損はないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>