ビキニラインの黒ずみにハイドロキノンを使用!悪化と回復の顛末

ビキニライン(祖頸部・足の付け根)の黒ずみに悩んでいる人は多いと思います、プールに行くようになって本格的に黒ずみを美白する必要ができたのでハイドロキノン配合(4%)の美白化粧品を使った時の話をまとめてみました。

スポンサーリンク

黒ずみ=ハイドロキノン

と考える人は今では多いと思いますので注意を呼びかけるためにも書いています。

まず、私がビキニライン周辺が黒ずんだ原因としては下着の締め付けとこすれが大きいと思います。

特にナプキンの羽があたる部分は黒ずみというよりも皮膚が変質していると言うか、色素沈着しているというか解りませんがかなり酷い状態でした。

あとジーンズの擦れや、股ずれも少なからずあると思います。

後で気付いたことですが、一般的な黒ずみは、紫外線によるくすみ、シミの類をさすのだと言うことも実は重要です。

なぜなら、ハイドロキノン配合化粧品が推奨する黒ずみシミ除去はほぼ紫外線によるメラニンの暴走を前提にしているからです。

私がビキニラインにハイドロキノンを使用したのは2週間ほどですが、最初の数日はなんだかいい感じ!!!でしたが数日後クスミが増し黒ずみが悪化していく予感を感じずにはいられなくなりました。

黒ずみというよりも色素沈着が濃くなり、より深みのある色になっていくのがわかったのです。

すぐに使用をやめて、皮膚科に行く前にネットで調べることにしました。

すると、皮膚科でもハイドロキノンは扱いが難しいので、ビキニラインや脇に処方することはあまりない事や、処方する場合にしても、塗布後の保護や使用期間に制限を付けると言うもの!!

そもそもハイドロキノンは写真の現像時に濃い色を還元するためにも使われるほど還元力が強く、一般に漂白といわれていますが、実は肌には刺激が強く、リンパ腫瘍や癌の危険性もあるかなりの注意が要る薬品であることが分かりました!

、、、やっぱり、、、

特にビキニラインは皮膚の層が薄く、刺激に弱く、回復力も弱い部分であるため黒ずみやすく治るのが困難な場所であることもわかりました。

結論的には

ハイドロキノンは紫外線によるシミやそばかすを短期治療で美白するには好都合な薬品ですが、薄くても長期間の使用や、ビキニラインや脇などの紫外線以外の刺激による黒済みには効果は得られないばかりか悪化する危険が伴うそうです。

実際にハイドロキノンで悪化した話は知恵袋などで多く見かけました。

私が最終的にたどり着いたのは

リポゾーム化美白法です。

特に皮膚が薄くて弱い部分にはこの方法が一番です。実際に気にならない色になるまでに一ヶ月掛かりませんでした。

リポゾーム化とは、有効成分をカプセル状にして維持するため、確実にじわじわと効く感じです。

リポゾーム化美白法の詳細はこちらで確認できます⇒ビキニライン黒ずみケア美容液【ヴィエルホワイト】

ハイドロキノンやトレチノインのセットは、あくまでお顔のシミやクスミを短期間で集中的に美白するためだけと考えたほうが妥当です。

ビキニラインや脇は皮膚が薄く、刺激に弱きため、ハイドロキノン自体の刺激でもメラニンが出てきてしまう危険があります。

さすがに、皮膚がん、リンパ腫瘍などのリスクがあるもの、濃度のものは市販では買えないとは思いますが、まずビキニラインが白くならないので、使うことは考えないほうがいいとおもいます。

正しく、毎日着実に保護してくれて、美白に導いてくれるリポゾーム化美白剤なら、少々コストは掛かるように感じますが、結果的には一番早くビキニラインの美白に成功できるとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>