座りっぱなしの人はお尻のスキンケアをお早めに!

座りっぱなしの方、デスクワークや作業に従事している方でお尻のスキンケアが気になる方は早めにスキンケアを始めてください。

 

座りっぱなしの人の多くは、お尻にニキビやぶつぶつ、黒ずみなどのお肌トラブルを抱えることになります!

 

普段、見えない部分だからといって油断していると、水着からぶつぶつが見えたり、変な黒ずみが目立つようになって、温泉や友達・彼氏との旅行にも躊躇するようになってしまいます。

 

座りっぱなしでいることは、お尻に圧迫を与えるだけでなく、ターンオーバーが極端に乱れて古い角質が皮膚表面、毛穴に残るようになります。

さらに、蒸れることが多く、これを繰り返していると、肌の表面はべたべたしていても、肌の内部は乾燥することが多くなります(インナードライ肌)。

この状態が常習化すると、下着のこすれだけで目立つ黒ずみができたり、ぶつぶつ・お尻ニキビが多くできるようになります。

 

一度、この状態に陥れば負のスパイラルでなかなか改善できなくなります。

実際にデスクワークで座りっぱなしが多い人の多くはお尻の肌トラブルを抱えていることが多いという統計があります!!

では、どういったケアが必要かというと、、、

保湿が持続し、バリアー機能が長時間維持できるクリームやジェルなどを使うことが望ましいです。こうすることで肌サイクルの正常化を維持し、にきびや黒ずみができやすい肌になるのを食い止めます。

 

すでにお尻ニキビや黒ずみが気になる人も、まずは肌サイクルを正常化することを意識してみてください。

お勧めのお尻専用ジェルです⇒【Peach Rose 】

 

お尻に関して言えば、ピーリングや殺菌、溶解成分でニキビケアすることは一時凌ぎか悪化させる原因になる確率が高いといえます。

 

なぜなら、そもそもお尻に肌トラブルを抱える人は、極端に肌サイクルが乱れている人が多いからです。

 

黒ずみに関して言えば、紫外線による黒ずみと同じように美白化粧品を使うこともお勧めできません。

 

なぜなら、お尻の場合の黒ずみは、紫外線によるものではなく、肌のバリアー機能が低下しているためにこすれや少しの刺激で免疫物質でもあるメラニンが活性化してしまい黒ずみになっているからです。

すなわち、これも肌サイクルの乱れが一番の原因といえます。

 

お尻の黒ずみには美白化粧品が効かないわけはここにあります。

 

まとめとしては、お尻のニキビやぶつぶつ、黒ずみを完治させる・予防する最善の方法は

「肌サイクルを正常化することを優先する!」ということがいえます。

 

これは持続力が高い保湿ジェルがお勧めです⇒【Peach Rose 】

お尻専用で、驚異的な販売数を記録しているジェルです!

結局、お尻の肌トラブルは1にも2にも

肌サイクルの正常化&維持に尽きるといっても過言ではありません。

 

ピーチローズがリピートされる一番の理由でもあります!

 

座り仕事にこれから従事するという人にもお勧めです。

 

お尻ニキビや痒みを改善するには!

特にお尻の痒みは我慢できそうで出来ない、なんともいえない症状です。会議の時や授業中にお尻の痒みが襲ってくると集中できなくなります。

 

お尻の痒みの原因は大きく3つあります。

  1. お尻ニキビや吹き出物の炎症によるかゆみ
  2. 乾皮症による痒み(乾燥
  3. 皮膚バリア障害による痒み

多くの場合、これ等の症状が重複していて、簡単に治療できない場合が多いといえます。

これらの症状は習慣から来ています。

その原因となるお尻の習慣は

  • 下着類の締め付け、擦れ、蒸れ
  • 長時間デスクワークでお尻の皮膚を圧迫して血行が悪くなる
  • 不衛生
  • 掻き毟り

などがあげられます。

 

下着は大き目か緩めの通気性が良いものを選び、保湿ジェルなどでお尻の皮膚を健やかに保つことから始めてはいかがでしょうか。

 

デスクワークが多い場合は、お尻の筋肉を鍛えることで血行不良を改善することも出来ます。

今流行のお尻歩きなんかを一日10分程度取り入れると、お尻が引き締まり一石二鳥です。

お尻歩きの方法を簡単に説明しますと

まず足を前に伸ばした状態で床に座ります、そしてお尻の右と左を順番に浮かせて前に進んでいきます。

結構慣れるまで進みにくいですが、2,3日で慣れて部屋中お尻で歩けるようになります。

お尻や祖頸部、足の付け根の(股)黒ずみ改善にもお尻歩きは良いみたいです。

 

あとはお尻専用の保湿ジェルを塗っておくと効果が早くなります。

 

お尻ニキビを短期間で治療する具体的方法!

お尻に出来るニキビは顔や背中、デコルテのニキビとは違い通常のニキビケア用品では治療が長引くか、効果が感じられない場合があります。

☆評判のお尻専用薬用ジェルなら・・・【Peach Rose 】

お尻ニキビを素早く治すには、お尻ニキビが出来る環境を可能な限り無くしてあげる必要があります。

お尻ニキビができる環境の主なものに

  • 下着による蒸れ、圧迫、乾燥
  • 座りっぱなしによる蒸れ、圧迫、乾燥
  • 寝ている時の蒸れ、乾燥

お尻の環境は体の他の部位よりも過酷な環境です。

このため、少しの工夫でお尻ニキビはあっさり改善できます!

ちなみに、蒸れることと乾燥することを繰り返しているうちにお尻のお肌のターンオーバーが乱れ、毛穴に古い角質がどんどん溜まりやすくなります、コレが90%以上のお尻ニキビの原因です!

蒸れと乾燥は、正反対のように感じますが蒸れることで気化するときに必要以上に乾燥を招き、乾燥することでお肌の老廃物を毛穴に留めやすくなりますので蒸れは禁物です。

顔に出来るニキビや背中ニキビは黄体ホルモンの関係で、生理やストレスにより皮脂が過剰分泌されてニキビの原因になる場合も多いのですが、お尻の場合は、この環境改善と、蒸れ・乾燥の防止でほとんどのお尻ニキビは改善できます。

※稀にニキビに似た粉瘤(ふんりゅう)がお尻に出来てしまいますが、これはニキビとは違い完治には簡単な手術を要します。粉瘤・でんぼかなと思ったら早めの診断をお勧めします。

 

それでは、具体的なお尻ニキビの治療方法です

① 下着を替える・・・これは出来ればお尻の部分の生地面積が少ないTバックがお勧めです。Tバックが抵抗がある方は、反対に大きめのショーツでお尻のラインにゴムが掛からないものが良いと思います。(大きめにする場合はとにかく通気性の良い生地を)

この下着を替えるだけで血流・リンパの流れが良くなり、通気性も良くなることでお尻ニキビの原因の大半は防げます。

 

② 座りっぱなしが多い方は蒸れない座布団を使用するか、通気性の良い座面に工夫する。

 

この座りっぱなしによるお尻への負担は計り知れません!

とにかく体重がかかる為、角質肥厚が起こりやすく、毛穴を塞ぐ原因を作り出します。

 

③ お尻専用のケア用品を使用する!

お尻専用の薬用ジェルやクリームって中々見かけませんが、最近では皮膚厚のあるお尻にもキチンと浸透することで、お尻の乾燥を守りターンオーバーを正常に導くジェルやクリームがあります。

顔用や背中用ではお尻には効果を発揮しにくいといえます。

お勧めの薬用ジェルはこちらです≫≫お尻ニキビ黒ずみ専用

 

④最後は寝ている時の乾燥・蒸れ対策です。

最もお勧めは下着無しで寝ることです!

パジャマもネグリジェのようなワンピースのもので、お腹を締め付けなくて通気性が極端に良いものがお勧めです。

コレを実践することで、全身の血流とリンパの流れが改善されお尻ニキビはあっさり改善できる場合もあります。

お尻に出来るニキビやぶつぶつをケアする専用薬用ジェル登場☆

お尻に出来るニキビやブツブツ、モモとお尻の境目のザラザラ、更にはお尻や太股周り、デリケートゾーンの黒ずみを美白へ導く薬用ジェルが登場しました!



お尻特有の環境(インナードライや圧迫)を考慮して開発された美白&超保湿成分がザラザラブツブツのお尻や太股を短期間でケアします!

お尻に出来るニキビは顔や首周りのニキビと違い、芯が深く座ると痛みを伴う場合も多くあります。またお尻のブツブツやニキビはケアしても繰り返し出来てしまいます。

その訳は、、、(クリックすると拡大)

peachgenin

つまりお尻は特有の過酷な環境にあるため、市販のニキビ予防やスキンケア用品では完全なケアが難しい部位といえます、しかしピーチローズを使用することで300分の1までナノ化された超微粒子ヒアルロン酸が角質層まで浸透し、乾燥からお肌を守り短期間でお尻ニキビを改善します。

ニキビケアにきび予防はもちろん、お尻や太股、デリケートゾーンの黒ずみにも有効な美白成分がふんだんに配合された美白ジェルでもあります。

ピーチローズ(peach rose)はお尻専用のニキビ・黒ずみケアですが、発売以来多くのリピーターを獲得し、有名な雑誌スキンケア大学を始め多くのファッション雑誌にも取り上げられている注目のお尻専用ケア薬用ジェルです。

peachzaltusi