アトピーとニキビの違いと併発した場合の対処!

顔に出来る赤みがかったぶつぶつや腫れはアトピーとニキビの区別が難しいときがあります。

 

そんなときの一番簡単な見分け方は、顔全体を鏡で見て左右対称になっている場合はアトピーの可能性が高く、左右ばらばらでぶつぶつ・赤みがある場合はニキビ、又は混在と判断できます。

 

しかし、少しでもアトピーの不安があればニキビケアとしてケアすることは少し様子を見たほうがよさそうです。

 

アトピーは肌のバリア機能画低下し、免疫物質、抗酸化物質を活性化できないため非常に肌が弱った状態です!ニキビケアをすることでひりひりしたり、赤みが増したりして悪化する場合があります。

 

通常のニキビの場合は、毛穴がふさがれた状態でその毛穴の中でアクネ菌が繁殖し、かゆみを伴います、さらに進行すると炎症を起こしかゆみと痛みが同時に感じられるようになり、白い膿が溜まる場合もあります。

 

アトピーの場合は、最初はそんなにかゆみや、痛みは無く、赤みが取れない状態がしばらく続くという症状が多いようです。

 

どうしてもニキビケアを使いたい場合は、マイルド(プロアクティブ)からはじめることをお勧めしますが、アトピーが心配で赤みが続くという場合は一度皮膚科の診断を受けてみたほうが良いと思います。

 

アトピーの場合でもニキビの場合でも対応できる保湿力抜群でバリア機能を高めてくれるこちらの洗顔保湿なんかは気軽にはじめてみてもいいかもしれません⇒『みんなの肌潤糖【クリア】』

鼻の毛穴の黒ずみを取る方法!

鼻の毛穴の黒ずみの原因は、

メイク汚れ   ②メラニン色素  ③皮脂、古い角質、角栓の酸化

が代表的です。オイルクレンジングでは落ちないのは、吸着・浮かせる力が弱い上に毛穴周りを傷めて、硬くしてしまいさらに落としにくくしてしまうからです。

エステサロンでも鼻の毛穴の黒ずみを改善するには時間が掛かりますし、エステに通うのを辞めると鼻の毛穴の黒ずみは多くの場合再発します。

keanapo

根本を変えるには、日々のクレンジングで少しずつ鼻の毛穴の黒ずみを吸着除去し、毛穴に黒ずみが出来ない肌質に変えていく方が近道です!

今注目のクレンジングを越えたクレンジングはこちらです⇒毛穴に自信が持てない女性のためのクレンジング

 

値段も手ごろでエステで使える様に開発された毛穴の黒ずみを除去する専用のクレンジングです!アトピーや敏感肌の方も毎日使えるように無添加で工夫されています。

 

毛穴の中の黒ずみへの吸着力を上げる為に、ジェル状のクレンジング剤です、このクレンジングで鼻の毛穴の黒ずみは高確率で解消できます。

 

意外とおろそかになりがちなのは、毛穴の黒ずみをケアしてから後の毛穴の状態をどう保つべきかです、このクレンジングはそこまで計算されて配合されています。

 

弾力のある泡が売りの洗顔石鹸や、洗顔料でも中には鼻の黒ずみを解消できるものも沢山ありますが、また黒ずみが出来てしまう環境に戻るとあまり意味がありません。

 

このクレンジングは使えば使うほど、鼻や頬の毛穴の黒ずみを寄せ付けない肌へと導いてくれます。

毛穴黒ずみケア部門では堂々1位でリピート率90%以上のクレンジングを超えたクレンジングです。

一般的なクレンジングは

洗浄力が強いと毛穴への負担も大きく、毛穴の黒ずみがまたすぐ出来てしまう場合か、肌への負担が少ないと、そもそも毛穴の黒ずみが落ちない、、、

という化粧品業界の永遠のテーマを打ち破ったクレンジングとしても今注目です。

クレイ洗顔『モンモリロナイト』のニキビへの効果!

クレイとは天然の粘土のことです。

 

しかし、ビーグレンで使われているクレイ洗顔のモンモリロナイトはベントナイトという鉱物から精製された純度が高く電子顕微鏡でしか見れない極小の粒子の固まりであり、さらにビーグレンでは最新テクノロジーであらかじめモンモリロナイトにヒアルロン酸やカミツレエキスなどニキビケアに有効な成分を抱かせています。

 

モンモリロナイトがどの位極小の粒子かというと

モンモリロナイトをピンポン玉とした場合、人の毛穴は直径800メートル程のホールになります、この極小の粒子が毛穴の奥まで入り込み、ニキビ菌や汚れ、ファンデーションのかすなどを吸着して、替わりに先ほどの美容成分を置いて帰ってきます。

詳しくはモンモリロナイト(クレイ洗顔)のイオン交換の性質をご覧ください⇒クレイ洗顔モンモリロナイト

 

このイオン交換の仕組みはモンモリロナイトの表面のイオン反応を利用しています、というのもモンモリロナイトの表面は6,0ph以上の環境ではプラスの性質を持つ有機物に触れると元々持っていた成分を切り離し、有機物を吸着する仕組みが活発になります。

 

ビーグレンのクレイ洗顔は唯一このモンモリロナイトのイオン交換を有機物(ニキビ菌・汚れ・毛穴の詰まり(皮脂、古い角質など)と美容成分に交換するという仕組みに利用された高度な洗顔料です。

 

この洗顔料で何が出来るかというと

  • 界面活性剤を使わなくても汚れや毛穴の奥までケアできる
  • 消毒成分無しでニキビ菌を減らすことが出来る
  • 毛穴の黒ずみをも抱きこんで出てくる

という効果が簡単に出来てしまいます。

 

ベントナイトのモンモリロナイトは化粧品や食料品(添加物)の原料として販売されていますが、あらかじめ美容成分を抱かせておくことは素人には難しいといえます。

ビーグレンのクレイ洗顔モンモリロナイトの詳細と通販はこちらです⇒シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

ニキビを洗顔だけでケアする全く新しい発想が話題に!

ニキビを洗顔だけで高次元にケアできる全く新しい発想の洗顔ジェルが登場!

モニターのほとんどが有名大学のミスキャンパスということも話題に!

その90%以上が使用に満足という新発想のニキビケアです☆

 

ニキビケアはプロアクティブに代表されるように

洗顔・化粧水・クリーム

の幾つかのステップで

毛穴を塞ぐ原因を取り除く(洗顔)

肌を整えて皮脂の過剰分泌や角質角化を防ぐ(化粧水)

潤いを保ちターンオーバーを促進することで、老廃物が毛穴に残るのを防ぐ(クリーム)

というのが通常の高次元のニキビケアとして知られています。

これは、24時間体制でニキビケアするには様々な角度から毛穴をケアしなければたちどころにニキビが出来てしまうという裏返しでもあります。

しかし、新発想の洗顔料では、この3ステップを毎日の洗顔だけで試みるという発想です。

洗顔しながら、洗う⇒補う⇒整える

というニキビ予防&ケアに必要不可欠な要素が洗顔だけで出来てしまうというもの!

よくあるニキビ専用石鹸や、ニキビ予防に効果があるかもしれない石鹸・洗顔料ではなくて、洗顔だけでニキビをケアするということを目標にした商品であることはそれらの商品と一線を画す点といえます。

洗顔だけでニキビケアが出来るという難しい方法に取り組んでいながら、30日間で満足できなければ全額返金という返金保証制度もこの洗顔の自信が伺えます。

 

ニキビが出来てしまう原因を再確認すると

nikibinogennin

 余分な皮脂と毛穴づまりが一番の原因といえます

コレを防止するには洗顔だけで洗い流しても、皮脂が過剰分泌するのを抑えたり、角質角化により毛穴を詰まらせてしまうのを防ぐには困難といわれていましたが、全く新しい発想で洗顔だけでこれ等のニキビの直接の原因を抑えられるというものです。

 

あまり期待していない方も返金保証がある期間試してみる価値があるかもしれません。

 

ニキビを洗顔だけで予防できるということは、大きなコストと時間の節約に繋がります。

ちなみに、この商品のモニターは何故か有名大学のミスキャンパス(1位~10位)の美人ぞろいですのでそっちの方も話題になっています。

ニキビを洗顔だけでケアできるということは遂にビーグレンのクレイ洗顔を超えたかもしれません。

洗顔をしっかりしてもニキビが治らない・減らない場合の原因と対処!

以前の私もそうでした、、、、

ニキビを減らすには一に洗顔二に洗顔!と思い込んでいました。

特に泡立ちが良くて洗浄力が優れている洗顔を朝晩だけでなく小まめに続ければニキビは減らせる・治せると思っていました。

しかし、当時は洗顔料やニキビ専用の石鹸を沢山試しましたが、その洗顔だけでニキビが減らせたということは残念ながらありませんでした。

特に遡ること思春期の毎日のように出来るニキビは増える一方だったのを覚えています。

最近になってその原因を知りました、それは通常の洗顔料や石鹸には泡立ちを良くするのと同時に洗浄力を高める為に界面活性剤が含まれているということです。

そもそもニキビの原因は毛穴を塞いでしまう毛穴出口の異常角化だけが原因と思っていましたが、毛穴の出口は正常でも毛穴から分泌される皮脂が過剰に分泌されることでその皮脂がアクネ菌に感染しそれと免疫物質が争うことで化膿してしまいます。

つまり、界面活性剤により汚れだけでなく、必要な脂分まで洗い流していたことで、それを補う為に皮脂が過剰分泌されていたわけです。

洗顔をすればするほど思春期の私にはニキビが発生しやすい環境をお肌に与えていたことになります。

ではどうすれば改善できるか?!

洗顔をしないわけにはいきません。

そこで、皮脂分泌が活発な思春期には界面活性剤が含まれず汚れだけをキチンと落とす洗顔料がお勧めです。

特に有名な界面活性剤が含まれないニキビケア洗顔にビーグレンのクレイ洗顔があります。

お試しトライアルセットもありますので洗顔してもニキビが減らない方は一度お試しください。



思いがけず毎日の洗顔がニキビをつくる原因だったということも充分に考えられる為、洗顔料選びには特に注意が必要です。

皮脂が過剰分泌されてしまう原因は個人個人の体質や体調にも寄りますので、決め付けるのは危険ですが、界面活性剤により肌の脂分をとりすぎる事でニキビが出来やすい環境が出来るということは知っておいて損はないと思います。

ニキビは洗顔だけで簡単に予防・ケアできるか?

ニキビを高次元に予防・ケアするには、プロアクティブに代表されるように洗顔・化粧水・トリートメント(クリーム)のセットが24時間体制のニキビケアには適していると考えられます。

(個人的な経験からですが、、、)

しかし、ニキビをケアする度合いにもよります、生理前に出来る顎周りのニキビや、甘いものを食べたり、飲みすぎた時に出来る単発のニキビは洗顔だけでも充分効果を発揮できる場合もあります。

特に最近人気の、洗顔だけで通常の、洗う・潤す・ガードするといった3役をたった一本で(朝晩の洗顔だけで)事足りてしまう洗顔料もあります。

この洗顔の特徴は、朝晩の洗顔だけでニキビの原因である毛穴の詰まりを解消し、洗顔後も長時間潤いを保ち、皮膚を健やかに保つ成分を洗顔時に皮膚にあらかじめ浸透させておくことで、一回の洗顔で洗う・潤す・ガードするという高次元のニキビケアが可能になるというものです。

 

個人的には、ニキビを一日も早く無くして、24時間体制で気の済むまでニキビケアが出来る比較的にきびの悩みが大きい人はプロアクのようなステップごとのニキビケアを継続することをお勧めしますが、油断をするとニキビが出来てしまう・・・程度の、私から見れば軽度のニキビの悩みにはこの洗顔だけで充分と思われます。

この洗顔の画期的なところは、毛穴を詰まらせる原因になる古い角質や皮脂汚れをサリチル酸で除去できて、洗顔しながら肌に必要な有効成分を送り届けながら、なおかつ洗い流した後は皮膚を守るバリアー機能がある、異なる要素を一つにまとめてしまったという点です。

私も試しに使用してみたのですが、洗い心地は泡が無いので石鹸に比べて物足りない気がしますが、洗い流した後のさっぱり感と、べた付かず長時間しっとりする感覚は他のニキビケア商品の化粧水やトリートメントを使った後のような心地よさが長続きしました。

軽度のニキビを抱える方にしてみれば、面倒なふき取りやトリートメントをしなくても朝晩の洗顔だけでニキビを予防・ケアできる画期的な洗顔ではないでしょうか?

今なら30日分お試し感覚で始めることが出来ます。