あごニキビが治らない理由と正しいケア方法@

あご(フェイスライン)にできるニキビや吹き出物は治らない・繰り返すものと諦めていませんか?

あごニキビができる原因と繰り返すわけを理解することで短期間であごニキビは解消できます、まず、あごニキビができる重大な3つの原因を解説します。

原因 その1・・・ストレス、ホルモンバランス、年齢によるターンオーバーの乱れ

これはあごニキビに限らず大人ニキビの一番大きな原因のひとつでもありますが、あごニキビの場合はさらに衣類がこすれる部位であったり、手で触ってしまうことが多いというのも原因のひとつになります。

 

 

genin1

 

原因 その2・・・汗腺があごには少ししかなく乾燥(インナードライ)肌になりやすい。

コレは最も大きなあごニキビの原因です!

意外と顎が乾燥しやすい部位であることを知らずに、額や頬のニキビと同じようなケアをしていれば大丈夫と思ってしまうことで、あごニキビに対するケアが不十分になり何故か生理前や定期的にあごにニキビができてしまう原因です。

これに加えあご・フェイスラインの毛穴は他の部位よりも小さく、毛穴が詰まりやすいということも覚えておいてください。

genin2

 

原因 その3・・・先ほども説明したようにあご・フェイスラインは毛穴が小さいので毛穴が塞がれてアクネ菌が活性化する環境に陥りやすい。

これも非常に重要なあごニキビが繰り返しできてしまい治らない理由のひとつです。

genin3

 

あご、フェイスラインは衣類が触れやすい部位でもあり、手や指で触ってしまうことも多い部位ですので、皮脂が過剰分泌されやすい上に、ほこりや雑菌が付着することで簡単に毛穴が塞がってしまいます。

 

原因1のターンオーバーの乱れにより古い角質や肌の老廃物自身も毛穴の詰まりを助長する大きな役割を担っています。

 

以上の3点があごニキビを治らなくし、繰り返しできてしまう3大要素といわれています。

では、どういったケアをすればしつこいあごニキビを減らし、治すことができるのか?!

 

それには、あご・フェイスラインの特徴に合わせた専用のニキビケアが必要になります。

ポイントは、インナードライを防ぐ保湿力と、毛穴を詰まらせないようにするために、何よりも肌サイクルを正常化する成分が重要になります。

 

市販されているニキビケア用品の殆どは、短期・スポット的に毛穴の詰まりを取り除き、消毒するだけのニキビケアばかりです。

また、保湿成分も含まれているものもありますが、肌サイクル(ターンオーバー)を正常化し顎・フェイスラインの特徴に合わせて開発されたスキンケア用品は皆無といえます。

 

そこで、顎・フェイスライン専用に開発されたニキビケアクリームが話題になっていますのでご紹介したいと思います。

あご・フェイスライン専用にきびケアジェルメルライン

 

あのスキンケア大学にも掲載され、実際に恵比寿美容クリニックでも採用されている顎ニキビ専用のジェルです。

 

顎ニキビ専用のスキンケア用品自体殆どありませんが、発売から間がないにもかかわらず、すでに多くのリピーターが存在するジェルです。

 

顎独特の症状にマッチングして多くの成分が配合されている上、ビオカタライザープラセンタという独自抽出の成分が話題になっています。

顎・フェイスラインに悩んでいる人の多くは、繰り返す・治らないというものです。そういった悩みを解消してくれるのがこのクリームです、180日間お試しできますので気軽に試してみてください。(全額返金保障)

 

メルラインがなぜ顎ニキビに効果が高いのか!さらに詳しくはこちらの公式サイトでご確認ください。

▼  ▼  ▼